医師の紹介 

・ご挨拶
・経歴
・所属学会・認定医など 

胃内視鏡検査

・当クリニックにおける
 胃内視鏡検査
・胃内視鏡をお勧めする症状

経鼻内視鏡

・経鼻内視鏡
(鼻からの胃カメラ)について
・検査を受けられた方の声
・経鼻内視鏡の流れ

大腸内視鏡検査

・大腸内視鏡検査
・大腸内視鏡を
 お勧めする症状
・大腸内視鏡の流れ

診療案内

・内科
・消化器内科

診療設備

・当院の診療設備

施設の紹介

・クリニック施設のご案内

よくある質問

・当院に関してのご質問
・内視鏡に関してのご質問

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)について

 一般の口からの内視鏡は外径が約9mmですが、経鼻内視鏡では先端部の外径は約5mm、鉛筆よりも細い内視鏡を使って検査します。この細い内視鏡を鼻から入れると、内視鏡が舌のつけ根を通らずのどにも触れないので、経口の内視鏡検査に比べ検査時の吐き気・不快感が大幅に軽減できることが期待されます。
  また、検査中も会話が可能なので、画面を見ながら質問したり、気分を伝えることもできます。確かに細い分、通常の内視鏡と比べると画質はやや劣りますが、経験豊かな、確かな観察眼を持った専門医が行えば、早期がんでも十分見つけられますし、組織検査もできますので、安心してお受け下さい。
  ただし、鼻腔が狭い人は、鼻から入れることができないこともありますので、その際は口から行います。血液をサラサラにする薬を飲んでいる人も鼻からはできません。

自分自身の経験より

 私は口からの内視鏡検査を以前受けましたが、特に反射が強いのか検査中ずっとオエー、オエーと言い続け、涙、鼻水でぐちゃぐちゃになりました(この時は鎮静剤は使用していません)。
  上にも書きましたが、スコープの太さが1cm弱と太いことに加え、嘔吐反射のおきやすい場所をスコープが通ることがその理由と考えます。内視鏡検査は定期的に必要な検査だと理解していますが、やはりできればやりたくないと思いました。その後鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡)を受ける機会がありましたが、その時は  鼻の痛みは少しありましたが、オエーという感じはほとんどなく、自分の胃の中をテレビで見ることができる余裕すらありました。
  その時の思いから、内視鏡検査が苦痛だと思っているため内視鏡検査をうける機会を自ら閉ざしている人たちのためには、経鼻内視鏡は非常に役に立つのだと実感しました。

検査を受けられた方の声

当院で経鼻胃カメラを受けられた患者様のご意見をご紹介します。

40代 男性
思っていたよりはかなり楽に検査できよかった。

40代 女性
今まで口からの胃カメラを2回経験していますが、2回とも大変苦しく恐怖感がありました。鼻からのほうが楽だと聞いていましたが、口からの時に比べて非常に楽に受けられたのでよかったです。

40代 女性
何となく気持ちが悪い感じはあったものの、苦痛とまでは思わず検査を受けることができてよかったです。

50代 女性
お世話になりました。胃カメラは今までに7, 8回していますが一番楽でした。画面を見ながら自分が検査をしているのを忘れるくらいでした。ありがとうございました。

60代 女性
今回は丁寧な事前処置をしていただき挿入時に鼻に異和感がありましたが、処置中はむせることなくとても楽でした。

60代 男性
前に口からの胃カメラをしたことがありましたが、異物が体内に入っていく感じがあり、身体的、精神的に大変でした。今回の鼻からの胃カメラは楽でした。

60代 女性
先生も看護師さんたちもやさしくて安心して受けることができました。背中をさすって下さってありがとうございました。手のぬくもりが不安をやわらげました。

 

他にもご意見をいろいろいただきましたが、多くの方(特に以前口からの内視鏡をうけた方)が楽だったという感想をお持ちです。

経鼻内視鏡の流れ

検査の大まかな流れは以下のようになります。

①前日の食事制限。

②検査室へのご案内。

③検査前の準備。

④検査開始。

⑤検査終了。

⑥医師からの説明。


※検査の詳しい流れはこちらをご覧下さい。